2005年12月22日

社長、社長と呼ばれて 02

 今年もあと残すところ今日を含め10日となってしまいました。
 年々1年が短くなっていくように感じますが、時間間隔で言えば生きた年数分の1だからこれはもう仕方ないですね。でも内容の濃い1年はそうとばかりも言えないかもね。
 そういった意味ではわめにとって今年は濃い一年であったと言えるかもしれません。

 前回はギターの消耗品を製品化して販売しようと東京・大阪・名古屋の職業別電話帳を取り寄せ、製品化に関係しそうな工場等を片っ端から電話し始めたところで終わりでした。
 当時ギターはわめの職業であるわけですが、音楽知識は元々からっぽで初めての仕事の1週間前に譜面の読み方を覚えるといったその程度のものでしかありませんでした。汗 それまではプロの曲は耳で聞いてコピーして、オリジナルも譜面を起こすなどということはそれまで出来ませんでした。
 ましてギターの消耗品の知識など音としてどうかという感覚以外はまったくのど素人でした。

 続きを読む
posted by わめ at 21:38| Comment(10) | TrackBack(0) | 社長、社長と呼ばれて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

社長、社長と呼ばれて 01

 このブログも約一ヵ月半前のブログのお引越し前には考えられないような多くの方にお越し頂き、またコメントも頂いて、そのお引越し時に慎重を期すためまずは試験用に作ってそのまま継続中のEnjoyLife2でさえ来てくださる方はこちらとは多少違えど旧ブログを凌ぐ多くの方に見て頂き、正直こりゃまたびっくりしているのですがホントにあり難いことで、この場を借りてお礼申し上げます。(TдT) アリガトウ
 この記事を書いている間にLibra師匠より『自性・無自性について』の記事にコメントをいただけましたが、それを尻目に今回は話題を一新し、わめの”世間的”には成功者と言われた時代の昔話を読者が減るかもしれないと危惧しながらも(涙)、何回かに分けて書いていきたいと思っています。とは言っても古くは20年以上も昔のことでもありますので記憶が曖昧な面もありますし、脚色も入ってしまうのではないかと推測してますが、リアルでも十数年以上(途中数年途絶えましたが)親しくお付き合いをさせて頂いている方も多分読まれているように思いますので、JAROは心配要らないでしょうけど(笑)意図的な嘘は書かないように心がけるつもりです。これはまた時間が経てば経つほど記憶が曖昧になっていくことでもあり、将来私的にもこの記事を読むことで忘れた過去を思い出すこともあるかもしれないとの思いもあります。そしてこの時代に大変迷惑をかけてしまった方々にも、深くお詫びと自戒の念を持って書き進めていきたいと思います。

 続きを読む 追記 2005/12/21 14:16
posted by わめ at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長、社長と呼ばれて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。