2007年04月30日

Re: 相対尺度

 アロエさんのブログの記事『ニセ宗教』にコメントをし、アロエさんと意見交換をさせて頂きましたが、アロエさんはそのことからの記事を『相対尺度』として書いてくださいました。

 そこで随分日が経ってしまいましたが(汗)、アロエさんの『相対尺度』の記事を受けて私も記事として意見を書いてみたいと思います。

 続きを読む
posted by わめ at 19:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 多元論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

共存 2

 今回は創価学会や学会員のことをモデルケースとして採り上げておりますが、これは共存多元論関係性についての記事です。

 創価学会、学会員は幸せを得ることに貪欲です。

 その幸せについても、心の持ち様で幸せと感じられるといった宗教的、個人の内面的な感覚ならいいとは思うのですが、創価学会や学会員の求める幸せの多くは、物心両面で満たされることを指す場合が多く、例えば収入が増えるように、お金持ちになれるように、職場で認められるように、社会的地位の向上、地域で信頼を得るといった個人の内面的とはいえない幸せを求めることが多く、学会員の思考や言動は宗教的と言うよりむしろ成功哲学やマルチ商法の実践者に近いように感じます。

 続きを読む
posted by わめ at 03:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 多元論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

共存

 共存をサブジェクトで、また、カテゴリーを多元論とするには、私自身の中でまだまだ充分な考察ができていないと感じていたのですが、考えてみれば私のようなものが生涯掛かっても充分な考察など出来るはずも無いんじゃないかと思い、このように記事として提出してより多くの方から批判的見解を頂くことにより、一人で考え込んでいるよりも、より深くまた多くの方の継続的なテーマと成り得る可能性があるのではないかと考え、断片的で論理性に欠けた記事になってしまうのは覚悟の上でその見解を述べさせていただきます。

 続きを読む
posted by わめ at 04:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 多元論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。