2005年11月28日

ありがとうの心

 軽いお話なのでEnjoyLife2にアップしようか悩んだのですが、慈悲の瞑想話と関わりそうなお話なのでこっちにアップします。

 わめっちは3人(うち一人子供)とネコ1匹暮らしなのですが、「ありがとう」と「いえいえ〜」「どういたしまして」が毎日何度も飛び交っております。

 別に三人とも大したことをするわけじゃないのですが、常時ちょっぴり他者を思いやる、労わる気持ちがネコも含めあるみたいで、さりげない行動としてそれが出てしまいます。

  
 まぁほんとに些細なことなのですが、今日などは雨が降りそうになり洗濯物を家に入れる、案の定雨がすぐ降り出しまた晴れてきたので乾いていない洗濯物をもう一度干すとか、お買い物で疲れてそうなので運転させるのはかわいそうか(わめは外食時はビールは欠かせないと思ってくれているので運転は子供母がしてくれる。)と外食や夕飯作りはやめてわめのお財布からでお寿司を出前するとか、子供がご飯だよ〜って呼びに来てくれる。洗い物も気が付いて手が空いている者がやるし、子供の好きな番組をキャプ・エンコしていつでも観れるようにしてあげるとか、そんなちょっとした心遣いや軽い思いやりなのですがそこに「ありがとう」と「いえいえ〜」「どういたしまして〜」などの自然な心のある言葉が飛び交うのです。互いにちょっぴり相手を思いやる気持ちを持っているって感じです。
 思いやる気持ちから相手の欠点を指摘して口喧嘩に発展などということもありますが(笑)、気持ちが気持ちですからそのことで険悪になるなどということもありません。(^^;

 慈悲の瞑想話ですが他者をホントに思いやる心がないと、どれだけ良い言葉で瞑想しようともそれは詭弁であるように思います。詭弁からも慈悲の心が生まれるかもしれませんが、それは本末転倒であるように思います。

 またそれを文字として表す場合でも、その文字にその心が伴わなければ読み手は返って嫌な気にもなるものかもしれませんね。
posted by わめ at 03:03| Comment(17) | TrackBack(1) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わめさん、こんにちは。

今日のお話に一人頷いています。 生きとしいける全てに感謝・・・宗教観に関係なく「教育」としてしごく正当だろうと思うのです。

昨夜、ウチのハムスターが旅立ちました。誕生から亡くなるまでの全てを見届けた最後の一匹でした。

「ありがとう」「おつかれさま」と声を掛けて送ろうと思います。
Posted by ぜん at 2005年11月28日 10:35
昨日、うちの外でド〜ンって音がしたから、
なんやなんやって見にいったら、ハトが庭でピクピクしとった。
うちのガラス窓に激突したみたい。
家ん中通り抜けようと思うたんかい!

脳しんとうかなあ〜、死んでもたんかなあ〜?
しばらく放っておいたら、死後硬直がはじまったから、
「あ〜あかわいそうなばかたれ」って庭に埋めてあげました。
Posted by 三九郎 at 2005年11月28日 15:27
はじめまして!
以前から、ロムしていました。
私は、”ヤフー掲示板”に常駐しているdudai709
と申します。
今、nisemasakoさんという学会員と話をしているのですが、私自身”折伏の実態”については、あまり知らないのです。
そこで”創価学会は本当に正しいのか?”を紹介させて頂きたいのです。
nisemasakoさんは、”ブログの記事が嘘だ”と言ったりするタイプではないと思います。
ちなみに、そのトピは
”恋人が創価学会に入っている人いますか?”です。
お返事、お待ちしております。
Posted by dudai709 at 2005年11月28日 20:22
dudai709さん初めまして。^^

”創価学会は本当に正しいのか?”は、ジョゼさんという方の旧ブログです。
ですので下記URLの新ブログで、直接ジョゼさんにお願いしてみてくださいませんか?
http://blog.goo.ne.jp/heyheyyouyou/
Posted by わめ at 2005年11月28日 21:10
ぜんさん、三ちゃん、コメント d(゚Д゚)☆スペシャルサンクス☆( ゚Д゚)b

> 昨夜、ウチのハムスターが旅立ちました。誕生から亡くなるまでの全てを見届けた最後の一匹でした。

うちにも今年の金魚すくいの生き残りの最後の一匹がいます。
これが金魚鉢に寄っていくとエサくれと大騒ぎして可愛いのです。^^
この一匹も死んじゃったら悲しくなりそう・・・

ぜんさんの、

> 「ありがとう」「おつかれさま」と声を掛けて送ろうと思います。

と、三ちゃんの

> 「あ〜あかわいそうなばかたれ」って庭に埋めてあげました。

は、”言葉に違い”はありますけど、”心は共通”してそうですね。
何だかこの記事にぴったりのコメントを、お二人から頂けたようでうれしっす。(*´∇`*)
Posted by わめ at 2005年11月28日 21:27
わめさん、こんばんは。

>慈悲の瞑想話ですが他者をホントに思いやる心がないと、どれだけ良い言葉で瞑想しようともそれは
>詭弁であるように思います。詭弁からも慈悲の心が生まれるかもしれませんが、それは本末転倒であるように思います。

「他者をホントに思いやる心がないと」ですか。詭弁あるいは偽善でしょうか。
そういえば直接関係ないけど以前みれいさんに心理学が科学じゃないの話してしまった。反省。

「慈悲の瞑想」で思い出したんですけど学会指導で題目あげれば生命力が強くなって嫌いな人が嫌いでなくなる
という指導や体験ありませんでしたか。そこには「他者をホントに思いやる心」はあったんかとか、
仏敵撲滅の祈りには「他者をホントに思いやる心」があったんかとか(あー、そこに話がいってはいかんかー)、
わめさんが初期仏教に納得しない気持ちと同様(?)のものを思い出してしまった。

「平静でいる(観察状態)ことも大事じゃないかと」「妄想を吹き消す努力」大切だー。
つーか、わめさんの家族のお話で、これを思い出した。

「われを善き友として」(増谷文雄) 
http://freett.com/Libra0000/012.html
「アーナンダよ、このことを考えても、善き友をもち、善き仲間のなかにあるということが、この道のすべてであるという意味がわかるではないか」
Posted by Leo at 2005年11月28日 22:41
>慈悲の瞑想話ですが他者をホントに思いやる心がないと、どれだけ良い言葉で瞑想しようともそれは
>詭弁であるように思います。詭弁からも慈悲の心が生まれるかもしれませんが、それは本末転倒であるように思います。

慈悲の瞑想は、個人個人でやり方が違うんですよ。
その人の心の状態でどういう風に瞑想するか、指導者の人が決めます。

ですので、ネットや本だけで慈悲の瞑想をしていくのはちょと違う方向にいく危険性もありますね。

ただ、毎日の生活で心の中で悪態をついて無駄に相手を恨むよりかは、心が落ち着いてきますね。

後、慈しみの瞑想とヴィパサナ瞑想はセットですので、偽善で慈しみを入れてるのなら淡々とラベリングを入れていくだけですけどね。

まー感情を抑圧はしないようにするのが基本です。
Posted by ナマズ at 2005年11月28日 23:36
Leoさん、ナマズさん、こんばんは。^^

Leoさん、善き友はまさに縁起(関係性)ですね。(⌒〜⌒)ニンマリ

ナマズさんの、

> ただ、毎日の生活で心の中で悪態をついて無駄に相手を恨むよりかは、心が落ち着いてきますね。

この言葉に、拘り・思い込みのなさを感じ素敵に思います。
Posted by わめ at 2005年11月29日 00:03
わめさん、TBありがとうございます。
返させていただきますた。

ありがとうの心。
んー、僕は忘れがちでございます。
調子にのってばかりです。ダメだこりゃです。
Posted by ジョゼ at 2005年11月29日 00:07
ジョゼさんこんばんは〜^^

> わめさん、TBありがとうございます。
> 返させていただきますた。

ちゅっ (*  ̄)( ̄▽ ̄*)ゞへへ〜♪

> ありがとうの心。
> んー、僕は忘れがちでございます。
> 調子にのってばかりです。ダメだこりゃです。

いえいえジョゼさん、TBくれた記事もレスコメントもよいこと書いてると思いますよ。o(*^▽^*)o~♪
Posted by わめ at 2005年11月29日 00:23
わめさん、褒めないでくだせー!!
実態は、単なる調子乗りなんで、バカ男なんで。
Posted by ジョゼ at 2005年11月29日 00:44
わめさん、はじめまして!
ここって、わめさんのブログだったのですか!
失礼しました!
Posted by dudai709 at 2005年11月29日 02:42
ジョゼさん、調子に乗ってばんばん書きましょうよ。^^
人にどう思われるか気にしているようじゃお腹はでかくじゃないw人は大きくなれません。笑

dudai709さん、何か勘違いされていたようですね?(^^;
わめで何か役に立てる(リンクなどお好きに♪)ことならどうぞご活用くださいませ。(*´∇`*)
Posted by わめ at 2005年11月29日 03:14
先程は、大変失礼致しました。
原因は”わめさんのブログ”と”ジョゼさんのブログ”のアイコンが並んでいたので、間違えて開いた上に、そのままコメントを書いてしまいました。
私って、アホですねー!

大変、ご気分を害されたと思います。
本当にごめんなさい。(((´・ω・`)))

わめさんのブログもよく読んでいますよー。
読んでなきゃ、”ショボーン”を書けないですもん!

また、遊びに来てもいいですか?




Posted by dudai709 at 2005年11月29日 03:32
dudai709さん、間違い、勘違い、大ボケはわめの専売特許です。ヽ(・∀・;)ノ アヒャッ!
ホント失礼です。笑

ってことでdudai709さんもお仲間と認めましょう。^^

またいつでも遊びに来てくださいね。(⌒〜⌒)ニンマリ

あなたやnisemasakoさんという方のコメントも読ませていただきました。

互いを訂正しあうことほど有意義なことはありません。
わめもより多くの方と語り合い、自身を訂正していきたいと思っておりますので、無料(有料は嫌よw汗)の出会いのキューピットを勤めていただけることは大歓迎ですのでお含みおきください。
Posted by わめ at 2005年11月29日 03:49
こんばんは!
お返事頂けて、とても安心しました。
今後とも、よろしくお願いします。
>ホント失礼です。笑
☆ギャハ!こうゆうノリ好きです!思いっきり安心しましたー!
リンクもOKという事なので、さっそく張り付けさせて頂きます。

>あなたやnisemasakoさんという方のコメントも読ませていただきました。
☆うっ!
私の関西弁レスを読んでしまわれたのですね。
育ちの悪さがバレてしもた。
いやー、会員と話すと過激になってしまうのですよー。
また、遊びに来ますねー!
Posted by dudai709 at 2005年11月29日 19:51
dudai709さん
過激になってしまうのもよく分かりますが、罵り合いになっちゃうと後味の悪いものになってしまいそうでわめはいやだな。

相手の思考を理解することが大切だと思うのですが・・・
理解すると言うのは相手の言い分が正しいと認めることではなくて、どうしてそのように思ってしまうのかを理解すると言うことなのですが、それが理解できないと水掛け論になってしまいそうです。
というか、理解できても水掛け論になる可能性が高いのですから。涙
Posted by わめ at 2005年11月29日 20:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

創価学会の[前提]が変なのだ。
Excerpt: [私、この映画が好き・2p(´∇`)q ]地道にやってます。第二弾です。 [私、この本が好きp(´∇`)q ♪♪]創価学会体験記でやってます。 [私、このドラマが好きp(´∇`)q ]創価学会..
Weblog: Hey Hey You You
Tracked: 2005-11-29 00:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。