2005年10月12日

自立 03

 この一ヶ月間、Poh師匠よりアドバイスをいただき続けておりますが、そのアドバイスに触れ、過去の自分に思い当たることが多々あり、もしかしてこれは、Poh師匠にわめの私生活を覗かれていたのか!って思うくらいで、隠しカメラを探してみたりしてw(^^;;

 冗談はさておき、過去の自分を振り返りはっきり思うこと、それは「人生に疑問はない」でした。

 わめは今年の6月までの約1年間、宗教を中心とした自分の心を取り巻く事柄に、読む・聞く・調べる・検証するなどの受け手に徹してきました。

 それはそれだけの期間が、従来の自分をぶち壊し、新たな自己の目覚めのために、最低限必要な期間だったように思う。


 それまでは、学会教学(学会流日蓮仏法)を学び、心肝に染め、そして実践し、心の闇が晴れていったのです。
 我が人生において起こったこと、これから起こることに、なんの疑問もなく、答えを手に入れることができたのです。
 だからこの仏法は本当に素晴らしいと思ったし、この仏法を知らず、苦悩する人達を哀れにも思っておりました。

 このような思いは、わめの人生の大半の時間を埋めてきました。

 それがあるキッカケから崩れ始めました。

 それは他の宗教を疑いも持たず信仰する、わめにとってとても縁のある方が原因でした。
 この方を誤った宗教から救いたいとの一心で、この仏法の素晴らしさ、この方の信じる宗教を調べ、その教義のおかしさを訴え続けました。
 数年話し合いました。でもまったく通じなかったのです。
 その方は体験的にその宗教を心から信じきっていて、わめの言葉はその方の心に届かなかったのです。

 この話はここまでです。これで終わっています。

 ですがわめに大きな疑問が生まれました。それは信じるとは一体なんなのだろうと。

 その方にとって、その誤った宗教を信じる心が、正しい宗教を受け入れることができない、大きな妨げになっていると思いました。

 また自分に当てはめて、この仏法を信じる心が、自分を支えていることにも気付きました。

 そして人は皆、何かを信じることで、自らの支えとし、生きているのではないかと。

 今まで信じてきたことの否定は、これまで生きてきたこと、そしてこれから生きていくことの、そのすべての支えを失うことになってしまうのではないかと。

 だから信じきってしまうと、訂正は難しい。

 信じることを、自らの支えとするところに、間違いがあるのではないかとも思い始めました。

 この時点でわめは、まだこの信仰をとことん信じ切っておりましたので、日蓮の「法門をもて邪正をたゞすべし」との教えに照らし、間違いなく正しいことを信じる、信じているから正しいのではないと思い始めました。


 これがわめの自立への第一歩だったように思います。
【関連する記事】
posted by わめ at 15:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 自立  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事への過去のコメントの表示はコメントリンクをクリックしてください。
Posted by コメントリンク at 2005年11月01日 01:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。