2007年05月07日

信念

 学会で教えられた日蓮仏法や自らの信仰体験で培ったものが、十代から二十代前半は周囲の同年代前後の人達と自分とは大きく違うと感じさせた。
 自分が周囲の同年代前後の人達と大きく違うとの感覚は、生きていく目的というか何のために生きるのかということを私は心に決めていたということなんだろうと思う。
 それは広宣流布という大目的は遠大に感じ実感は無かったが、日蓮仏法を広めていくことが私の生きる目的・使命であると心に決めていた時代であった。
 
  日蓮仏法の信仰者として、というか凝り性でエネルギッシュな自分であったからか、当時の自分は日蓮の心といつも一緒、共にあるとまで思い込んでいたようで、学会組織内でも自分と同じくらいの信念を持つと感じられる人はいなかった。
 このような思い込みはおそらく思い上がりだったのだろうとは思うが、このような思い込みが自分独自の折伏弘教を進めて行く原動力であったし、その独自性や折伏成果は組織内からも注目され聖教新聞の一面に写真入りで紹介される結果としてもあらわれていた。
 この時代、元来の凝り性やまた仕事に時間的制約や束縛をほとんど受けることがなかったこともあり、音楽・福祉活動や恋愛やバイクや車などにもしっかり凝り時間を費やしていた。ただ、それらすべてが折伏弘教に結びつくことであったし、否、それら一つひとつは異なった手段で、目的は折伏弘教であったといっても過言ではなかったと思う。

 信仰に限らず何かに強い信念を持って突き進むことは、ことの良し悪しや善悪はともかく、周囲に多大な影響を与え大きな結果を生み出すことがあるのでしょう。

 こんな過去を振り返り、多くの方を折伏し学会に引っ張り込んでしまったことへの罪の意識を一時強く持ってもいましたし思い悩みもしましたが、そのような意識から組織内でも誤った信仰や信念を引っぺがす方向での反学会的な活動も行ってきました。

 しかしながら今思うことは、自らの進むべき道は自らが選ぶもので、昔も今もまた誰もがそうしてきたんだろうということです。
 今はそのように思う私ですので、誰もが自らの進むべき道をしっかり見極め、自らが選択し自らの責任において進まれることを願っております。

 学会二世である私は育った環境の影響が大きかったと思いますが、そうであっても過去の信念や行いは自らの選択であり、その責任を今は亡き母や周囲に押し付けることはありません。
 過去の呪縛に囚われることなく、今を、今からを考え、進んでいきたいと思っております。
【関連する記事】
posted by わめ at 13:12| Comment(12) | TrackBack(0) | 回想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わめさんひさしぶり〜。

極端からすんなり中庸にはいけへんわね。
揺り戻し、揺り戻しで徐々におさまってくるんやろね。
Posted by 三九郎 at 2007年05月15日 13:32
 三ちゃんこんばんは。ほんまに久しぶりやね。^^

> 極端からすんなり中庸にはいけへんわね。

 さて、どうなんだろ。

> 揺り戻し、揺り戻しで徐々におさまってくるんやろね。

 私の場合は(学会流の)仏教信奉から宗教否定の両極を、振り子のように揺り戻しの繰り返しその揺れが小さくなっていったという感じですから、ズバリ三ちゃんの言うとおりなんだろうと思います。
 でもやっぱ一人ひとり違うと思うし三ちゃんは三ちゃんだ。何のこっちゃ(笑
Posted by わめ at 2007年05月18日 00:42
>ズバリ三ちゃんの言うとおりなんだろうと思います。

わはは、こんなん言われたん、始めてちゃうか?
Posted by 三九郎 at 2007年05月18日 11:41
始めて、ちゃう、初めて、、、orz
Posted by 三九郎 at 2007年05月18日 11:43
わめさん、お久しぶりです。

私は冷静になるためネットをお休みすることにしました。
落ち着いたらまたお邪魔するかもしれません m(_ _)m

Libraさんをはじめ皆さんの考えが役に立ちました。
とりあえずこの界隈系はなーんも知らないふりして
フツーのオヂサマとして生きていこうと思います。

( ̄ー ̄)ニヤリッ (←特に意味はないです)
Posted by Leo at 2007年06月15日 22:53
わめさん、皆さん、ご無沙汰しております。

最近、日蓮大聖人について勉強していますが、どうしてもわからないことがあります。こちらで、お聞きして宜しいでしょうか?

日蓮大聖人が、安楽行品を無視し、勧持品を重視したことについてなのですが・・・。

Posted by マターリ at 2007年06月29日 17:56
大変ご無沙汰してます(^^;

最近はwebでの書き込みはめっきりですが、以下の3つくらいはときどき書き込みしています。

2ch・創価公明板・「日蓮って」
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1133533873/l50

kiuさん(乾闥婆さん)のところ
http://kiukiu.cocolog-nifty.com/blog/

春田の蛙さんのところ
http://jbbs.livedoor.jp/study/5753/

ところで、先ほど佐倉哲さんのサイトを見ておりましたら、3年ぶりに更新されており、びっくりしました。今なら諸々の質問におこたえしていただけるかもしれませんね。まあ、今までにきているはずのメールも大量にあるはずなので、本当に要所にしぼって簡潔に質問する必要があると思われますが。

あと、LibraさんのHPが削除されているのでしょうか…?

記事に関係なく勝手に近況めいた書き込みしてしまい申し訳ありません。

記事の内容に言及すると、最近はわめさんのようにエネルギッシュな人はどんどん少なくなっているように思いますね。僕自身も日々にむなしさを感じて生きていることが多いのですが、やはり何事かに夢中になって楽しい人生を送ることが最上なのだと思います。人に迷惑かけてはいけませんがね。
Posted by ひゃっきまる at 2007年08月28日 22:16
ひゃっきまるさん、こんばんは。

>あと、LibraさんのHPが削除されているのでしょうか…?

(わめさんからレスが最近ないようなので...)私からレスしてみます。
Libraさんのサイトは http://fallibilism.web.fc2.com/
ブログは http://fallibilism.web.fc2.com/
ですよ〜

(佐倉哲さんのサイトかどこかからリンクがつながらなくなったのでしょうか?)
Posted by Leo@隠居 at 2007年08月29日 00:15
【訂正です】

Libraさんのブログは http://fallibilism.blog69.fc2.com/
ですよ〜
Posted by Leo@隠居 at 2007年08月29日 00:18
Leoさん

あ、早速ありがとうございます。
Libraさんのページのいくつかが見れなかったもので…。

例えば以下のような
http://page.freett.com/Libra0000/ronbun01.html

単に他の場所に移されているだけですかね。
Posted by ひゃっきまる at 2007年08月29日 02:20
ひゃっきまるさん

>例えば以下のような
>http://page.freett.com/Libra0000/ronbun01.html

http://fallibilism.web.fc2.com/ronbun01.html

page.freett.com/Libra0000 を fallibilism.web.fc2.com に
置き換えるとよいようです。
Posted by Leo@隠居 at 2007年08月29日 07:59
Leoさん
ありがとうございます!(^^)
Posted by ひゃっきまる at 2007年08月29日 19:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41045774
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。