2007年04月17日

尼寺の住職

 昨年10月末頃に仕事の依頼を受け知り合った尼寺の住職(尼僧)。
 この方、パソコンやインターネットはズブの素人ながらお寺のホームページ(業者に委託)も持っていて、ネットでお買い物は日常事で、ネットビジネスにもどこの誰かも分からないネットで知り合った方に勧められやっちゃったり(カモられてました)と、何と言うか私も負けそうなくらいのわけわかめな方です。汗
 まぁ東大出の直弟子もおられるくらいなので、本職(住職)は何とかやっておられるようですが。

 宗教はやっぱり好きになれないと自認している私ではありますが、仕事上上客でもあるこの尼僧の方とはウマが合うというか正逆であるが故か、電話でも直に会って話している時にも「アホか!?」とか「バカ!!」ってしょっちゅう言っちゃっています。

  
 何だか【マナーについて】で触れた方への反省は一体どこにいっちゃったんだ?って感じの住職への接し方ではありますが、こんな調子でもこの住職とはすこぶる良好な関係で、最近はよく自宅までお迎えにこられ否応なく飲みにさらわれてしまいます。涙

 仏門の尼僧の方が酒を、それもスナックに飲みに行くというのは、私の認識不足か「ありえねぇ〜」って思っていたわけですが、行(修行)時以外は酒を飲むのも何を食べてもまったく問題はないそうです。

 そうそう、今は住職らしく貫禄がでて(出過ぎて?w)見る影もありませんが、若かりし頃は某化粧品メーカーのモデルをしていてモデル写真やその当時の写真等も見せてもらいましたが、当時の美形からどこをどう見てもこの住職と同一人物とは思えません。
 でも仏門の修行時代の写真もあり、モデル当時→修行時代→現在への変貌振りにどうにか納得できた次第です。
 「色気が無いから一緒に飲んでいてもつまんない」とか「20Kg痩せればいい感じかも?」って私の言葉に発奮してか、「1ヶ月で20Kg痩せられる」との宣伝文句の健康食品でただ今ダイエットに奮戦中ですが、いつも酒を飲んだ後に空腹で眠れないと夜食を食べていてそれで果たして痩せれるものか、それが私の今後の観察課題でもあります。


 さて、この住職がブログを始められ、ブログ製作の指導は私なんですけど、住職がそのブログの記事にするために書き上げた仏教的な原稿の下書きなどのチェックも頼まれるのですが、ここで必ずと言っていいほど意見の衝突があります。

 それはそうです。
 住職は仏や霊や過去世の存在を信じておりますし、役務として水子供養や護摩祈願などやっておられるわけですし、私はそんなものあるかないか分からないと考えてますし(主観的にはそんなもん無いと思ってるし)、いくら仕事とはいえ酒を酌み交わす仲ともなれば私も思うことは平気で言っちゃいますし。爆

 しかしながら住職とのこの意見の衝突が、お互いに非常に楽しくもあるようで険悪ムードにはまったくなりません。

 結局のところ、仏や霊や過去世があると信じている人にはそれはあるのでしょうし、そのあると信じる人の苦しみや悩みに救いの手を差し延べるのがこの住職の仕事であり、そのことに私は異論を唱えるものではありません。

 過去世の因縁や水子を懇(ないがし)ろにし供養しないのが苦しみや不幸の原因ではないかと考えている人に、因縁浄化や水子供養を勧めることが悪いこととは思っていませんし、心に水子へのわだかまりや罪の意識を持つ人への宗教的儀式は一定の効用があるとも思っています。

 私が異論を挟むのは、過去世の因縁や水子を懇(ないがし)ろにし供養しないのが苦しみや不幸の原因であると結論付けたような原稿の内容についてです。
 そのような原稿の内容部分で意見の衝突があるわけですが、お互い何を信じる信じないはともかく、ホントのところは分からないとの結論に至り、苦しみや不幸の原因が何であるか等について記事としてアップする時には曖昧な表現となっています。

 それで住職が納得してくれるのは、金儲けのために出家しているのではなく、困っている人、悩み苦しむ人の力に少しでもなりたいとの強い思いからであると、酒を酌み交わし歯に衣を着せず言いたいことを言い合える仲の私が感じるところです。
posted by わめ at 19:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 客観的事実と信仰  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このたび調べに調べてここにたどり着きました。
尼僧になりたいです、もう俗世には未練がありません。身体的にも自殺未遂を繰り返し、疲れ果てました。
 どうか私の願いをかなえて下さい。
Posted by 市川沙也香 at 2012年03月07日 17:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。