2007年01月20日

浦島太郎状態

 竜宮城で遊び呆けていたわけじゃないけど、リアルでちょっと活躍している間にこの界隈に異変が起こっているようだ。汗

 どうも創価学会問題に関わる異変のようではあるけどメメさんブログは閉鎖のようだし、gizmoさんっち記事では、アンチがまるでバリ活まがいのような行為をやっているように書いてるし一体どうなっちゃってるの??

 三ちゃんは三ちゃんで(いい意味で)変だし・・・
posted by わめ at 13:12| Comment(11) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、りょうと申します。

アンチはバリ活のようなまがいな行為はしておりません。
ほしのなんちゃらができたよさんのブログに荒らしに来ました。
昨年の12月のことです。
そちらをお読みください。

Posted by りょう at 2007年01月20日 15:52
まいど、わめさん。

春田の蛙さんのとこのbbsを読めば、ことの経過は分かるのではないでしょか?

Posted by ナマズ at 2007年01月20日 16:54
 りょうさん、初めまして。^^

> アンチはバリ活のようなまがいな行為はしておりません。

 そうでしょうね。
 自分達がやられて苦しんだようなことを、まして犯罪行為まがいのことなどされてないと推測します。
 が、

> ほしのなんちゃらができたよさんのブログに荒らしに来ました。
> 昨年の12月のことです。
> そちらをお読みください。

 できたよさんのブログや、ナマズさんが教えてくださった春田の蛙さんのところなど読ませてもらった上で推測ではないコメントさせて頂きます。

 りょうさん、ナマズさん、ありがとう。<(_ _)>
Posted by わめ at 2007年01月20日 17:45
おっと

ナマズさんお久しぶりっす。^^

少しづつではありますが、この界隈にも復活していこうと思いますので今後ともよろしくです。
Posted by わめ at 2007年01月20日 17:47
あーわめさん、お久しぶりです。

わめさんの知的な記事を楽しみにしてますね。
Posted by ナマズ at 2007年01月20日 18:10
☆のブログは削除されたようで今現在読めません。
なので、本来は両方を読まないと事の真相は分からないと思っています。

わめさんのお名前は放棄宣言を卒業された道さんからどこかで聞いたことがあったので知っていました。

急に、失礼なコメントで恐縮ですが
読んでみてください。
Posted by りょう at 2007年01月20日 18:45
典型的なバリ活が醜悪な学会礼賛ブログを作って、天に唾していることに気づかずにアンチを罵倒しているということですね。

メメさんのところで言いたい放題の学会&池田大作礼賛(醜悪さに気づかないのがお笑いである)をやっていた人物だということで、気になるということでしょうか。
同じように醜悪さに気づかないで言いたい放題をしていたにっし〜というバリ活のブログだって似たようなものです。

ああいうのは何も余計なコメントをつけずに非学会員(アンチではない)に読んでもらえば、学会の醜悪さと北朝鮮との同質性が伝わるというものです^^
そして醜悪ブログが通用するのは醜悪仲間のバリバリ妄信創価学会員だけ・・・世間で通用しないのは火を見るより明らか・・・それを「世間が間違っている」と言い放つのがバリ活だということです。
Posted by 創価瓦解 at 2007年01月20日 19:28
ところで、どうして浦島太郎はあんな目に遭わないといけなかったのだろうか?

竜宮城で楽しんだから?
だったら竜宮城に連れていった亀がいけない・・・「かくかくしかじかだけど行く?」と聞かないんだから・・・なにやら「芸能人が来ている」と言って、本来の目的を隠して会合に連れて行く創価学会員と同じぢゃあないか^^;

亀を助けたからあんな目に遭ったのだから、助けなければよかった・・・あ、それではいじめを見て見ぬふりになっちゃうぞ!

浦島太郎の物語は何を象徴しているのだろうか?
なんらかのメタファーであるという捉え方自体が間違っているのか?
ちょっとばかり悩んでみよう^^
Posted by 創価瓦解 at 2007年01月20日 19:36
 創価瓦解さん、お久しぶりです。^^

 浦島太郎の物語の創価瓦解さんの考察、面白いです。
 私としては亀を助けたことはよいことだと思いますが、お礼?に竜宮城に連れてもらったことが思慮不足かもしれないし、竜宮城で浮かれ過ぎたことはオバカだったということで、メタファーがあるとしたら「良い事はしても調子に乗るな」みたいなことじゃないかと。笑


 りょうさん、創価瓦解さん

 今回の一件は、kousanさんのサイトでのことも関係しているようですね。
 kousanさんのブログは停止されているし、しずくちゃんのブログも削除され、またできたよさんのブログや春田の蛙さんの掲示板以外でもやり取りがあるようで、この件で私がコメントできることはなさそうです。涙

 それはそれとして、私は長く創価学会で活動してきましたし、その活動の中には創価学会の問題点を私の所属する地域だけでも改善していけないかと、結果的にはほぼ徒労に終わりましたが努力し、その後現在のように休眠会員となってからもかなり日が経ちました。

 そんな私が創価学会の大きな問題と感じる点の一つに、組織から離れた人を仇敵のように非難中傷侮辱する行為があります。
 聖教新聞紙上の4面座談会など、読むに絶えない汚い言葉が踊りまくってます。
 これは一般の会員だった方に対しても、組織内で同様に罵ったり、またその家族友人知人のことまで中傷したりすることもありました。

 私は、思想・主義・信念が自分とまったく相反する人にでも、このような行為を容認することが出来ません。
 というかこのような行為には、私はトラウマとなっているかもしれないくらいに拒否反応があります。

 どうかこのような点をお汲み取りくださり、今後もコメントを頂けるのでしたら私のサイトでは、聖教新聞紙上の4面座談会を彷彿させるようなコメントや、気心知れた友好関係にある方に親しみを込めての場合以外、他の方を呼称する場合は、○○なんちゃらとか、記号で略したり、敬称を付けずに呼び捨てにすることはご遠慮下さい。
Posted by わめ at 2007年01月21日 02:30
わめさん、了解しました。
Posted by りょう at 2007年01月21日 11:14
 りょうさん、了解くださりありがとうございます。m(_ _"m)ペコリ
Posted by わめ at 2007年01月21日 12:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。