2007年01月07日

欲求を満たすための道具

 現在の私にとって、パソコンやインターネット(ネットワーク)は、生活していく上で必要不可欠に感じる道具といえそうです。
 パソコンやインターネットは誰しも必要不可欠とは言えませんが、衣食住は人間である私達には欠かすことは出来ないものでしょう。そしてそれらを手に入れるために必要なお金も重要に思います。
 パソコンやインターネットや衣食住やお金、それに道徳観や理論や思想なども必要に感じるもの(道具)かもしれません。

  
 文字や言葉だって大切な道具に思います。
 欲求が大きければ大きいほど、欲求を満たすための道具も強力なものが必要になるのかもしれません。
 欲求が小さければ小さいほど、欲求を満たすための道具は最小限のものでいいのかもしれません。
 しかしながら、いくら欲求が小さいからといって、生きていくことを止めようとしない限りはあらゆる道具すべてが不必要になることは無いと思われます。
 欲求の大小強弱はあるにしても、欲求そのものの否定は死を意味することなのでしょう。

 必要に感じる(欲求)もの(道具)も、何を欲求するかで変わってくるとは思いますが、欲求と道具の関係を切り離すことは今の私には考えられません。
 欲求と道具の関係が切れ離せないならば、すべての欲求を捨てることができない限りすべての道具を捨てることはできません。

 このようなことを当たり前に感じる人は多いと思いますが、というか皆さんそう感じているのかもしれませんが、私はこのような当たり前のことに最近まで気が付いていなかったようなのです。涙

 十代二十代は音楽という道具をしっかり使いこなして女性の気を惹こう、もてたいと思いましたし、何人の女性と肉体関係を持てるか等そんなことに必死でしたが、事実音楽という道具はこのような欲求を十二分に満たしてくれました。
 またいつの頃からか、ただ漠然と自分は他の人とは違う、何か特別な存在であると思っていたりして、それが創価学会を通して日蓮大聖人の仏法を知り、それを活かして十代二十代以降この社会で認められる人間となっていくための道具として大いに役立ちました。
 その後はこのブログやEnjoyLife掲示板等で書いているような思考を持つようになり今に至ったわけですが、それらすべては自分の様々な欲求が動機であり、そして様々な道具をうまく使っていくことで欲求を満たしてきたわけです。

 反戦・平和、他者や自分の幸福や誰もが共存できる社会を希求することも、裏を返せばすべてただ自分の欲求や執着に違いないのかもしれません。(言葉がまったく足りませんが、理解してくれる方もいるかも・・・)

 人それぞれの多種多様な欲求とそれを満たすための道具、道具には今まで見えなかった事物を映し出す機能のようなものもありますが、例えば望遠鏡やレーダー探知機、暗視カメラや赤外線モニタ、あるいは思想・宗教・哲学なども事物を仮定的に捉えることができ、思考を整理するには有効であるのかもしれません。
 しかしながらこれら道具で映し出された事物の姿が、真実の姿であるのかはわかりませんし、真偽を問うなら仮定を基準とする以外にはありません。

 仮定の話はさておき、上述したように、人それぞれの多種多様な欲求から道具は生まれてきたのではないかと思うのですが、道具の良し悪しを考える前に、人それぞれの多種多様な欲求の良し悪しはどうなのでしょう。

 私のブログでは創価学会等の宗教についての様々な論議が多いですが、創価学会等の宗教という道具の良し悪し以前に、その道具を必要と考える人間の欲求とはどのようなものなのか。

 幸せを掴むため、悲しみを乗り越えるため、苦しみからの解放、願いを叶えるため等々の欲求が該当するかと思いますが、私達は生まれてこの方、親の躾や学校教育の場、友人関係や書物を読んだり、社会に出れば社会でこれらの欲求を満たすことを学んできています。
 もちろん欲求を抑えること、我慢すること等も学んできたと思います。

 それでもそれだけでは不足と感じている方達が、何か他の道具を求めているのではないでしょうか。

 私も欲求を叶える道具を求めてきたのだと思います。
 今も心の片隅では求めているのかもしれません。

 しかしながら、そのような道具を求める心はともかく、道具に踊らされてはいけないように思います。
 また、道具をうまく使うことは良しとしても、人々を踊らすために道具を使うことも避けるべきだと思います。

 道具に踊らされることなく、人を踊らすために道具を使うことがないよう自らを律し、これからも知性・理性を磨いて、止めどなく満ちては引いていく我が欲求を吟味し、欲求を制御しながらの思考・言動を続けていこうと思います。
posted by わめ at 20:02| Comment(11) | TrackBack(1) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わめさん あけおめですう^^ こそりと三が日過ぎての新エントリー 乙!
今年もエントリーその他でよろぴくー♪

欲求(感情)と理性・・  みれいさんとこの記事に謀らずもリンクしてますね。
道具として手懐ける、、正負・陰陽で、負に闇に/正に陽に、どちらか一方に囚われない、振り回されない、、、
こんな感じですか 私は^^;

妖しい美女のお歴々がポニーテールでお待ちしてましたのに・・ 残念^^
Posted by あーあ at 2007年01月08日 11:24
 あーあさん、今年の初コメントありがとうございました。(*^▽^*)

 本年もよろしくお願い致します。

> 欲求(感情)と理性・・  みれいさんとこの記事に謀らずもリンクしてますね。

 なるほど、欲求を広く感情と捉えればみれいしゃんの記事にも通じますね。(^^;
 それにみれいしゃんのブログもROMしてますからその影響を受けちゃったのかも。笑

> 道具として手懐ける、、正負・陰陽で、負に闇に/正に陽に、どちらか一方に囚われない、振り回されない、、、
> こんな感じですか 私は^^;

 いい感じですね。^^
 私は自身の欲求を無意識に肯定してしまっていることへの危険性を感じています。
 道具選びや、道具の扱い方も大切ですが、それ以前に湧き上がってくる欲求は直情的な場合が多いので吟味し制御することが大切に思います。

> 妖しい美女のお歴々がポニーテールでお待ちしてましたのに・・ 残念^^

 うぅ ポニーテールには湧き上がる欲情が制御不能になっちゃうかもw爆
Posted by わめ at 2007年01月08日 12:48
あけましておめでと

欲求を理性でコントロールするってのが大切やね。

今年もよろしくねぇ〜。
Posted by 三九郎 at 2007年01月08日 22:21
 三ちゃん、明けまして★:゜*☆※>('-'*)♪オメデトウ♪(*'-')<※★:゜*☆

> 欲求を理性でコントロールするってのが大切やね。

 ええこというな。
 欲(求)が身を滅ぼすということもあるしな。

> 今年もよろしくねぇ〜。

 こちらこそよろしくです。ぺこ <(_ _)>
Posted by わめ at 2007年01月08日 23:04
わめさんのブログが再会して嬉しいさあやです。
今年もよろしくお願いいたします〜(^o^)*

思考、哲学、宗教がいずれも仮説であることを
念頭に置くことが理性を保つ秘訣でもあるかな。

と、わめさんの記事を読んで改めて思いました。
私の感想もまた単なる仮説に過ぎませぬが・・・。

信じていくことよりも役立てていくこと。
またもや大切なヒントをいただきました。

わめさん、ありがとうございました。
今年も兄さま達に幸多からんことを☆









Posted by さあや at 2007年01月09日 03:25
 さあやさん、今年もよろしくお願いします。

> 思考、哲学、宗教がいずれも仮説であることを
> 念頭に置くことが理性を保つ秘訣でもあるかな。

 仮説を真理・真実であると信じ込んでしまうことは理性的とはいえないと思いますが、現在まで反証・反駁に耐えている仮説は真理・真実である(含む)可能性があり有力であると思います。

 しかしながら、人間は完全に真理・真実に到達したかどうかを確証することは出来ませんから、有力な仮説を支持することは妥当ですし理性的ともいえそうです。

 但し、反証・反駁のできない仮説(わめは神様ですみたいな)を信じたり支持すること、あるいは完全否定することは理性的とはいえないと思います。
http://www3.ocn.ne.jp/~gthmhk/religio.html#kamino

 また人間にとって常に理性的であることがベストであるかどうかもわからないことだと思います。


> 信じていくことよりも役立てていくこと。

 短い言葉ですが的を射てると思います。パチッ☆-(^ー'*)(,_,*)ウンウン♪
 さあやさんや三ちゃんのコメントと比べると、私の書いてることって文字が多くてわかりにくいですね。。。うらめしや・・・じゃないw うらやましい。汗
Posted by わめ at 2007年01月09日 12:28
え〜記事の内容を租借する時間も能力も相変わらずなメメです。
気の利いたことは書けませんが、ひそかに更新されるわめさんのブログを楽しみにしている一人です(笑)。
今年もよろしくです。
Posted by 犬のメメ at 2007年01月13日 19:06
わめさん、こんにちは。

お元気そうで何よりです^^♪
わたしも元気ョ(笑
創価学会の信仰していてもしていなくても
母と私の毎日の生活には全く違いがないこと
しっかり実感しています。

そしてもっといい人生送りたいデ〜ス^^
なにがあっても負けないぞ〜〜がんばる!

わめさん、今年も素敵な一年だといいね。

初詣には行かれましたか?
私は京都へ行ってきました。

ではまたネ(^o^)/




Posted by 葉末 at 2007年01月14日 13:26
 メメさん、葉末さん、お返事が遅くなりました。<(_ _)>

 今年もよろしくお願いしますね。^^

 メメさん、
 今年も記事更新は滅多にできないかもしれませんが、たまには覗いてくださいね。(*^▽^*)


 葉末さん、

> 創価学会の信仰していてもしていなくても
> 母と私の毎日の生活には全く違いがないこと
> しっかり実感しています。

 「創価学会の信仰していてもしていなくても」がとってもいい感じに思います。

 それにお元気そうでうれしっす。

 初詣は生まれてこの方行ったことないですが、これはお祭りなどのイベントごと、雑踏が嫌いで、初詣も同様で行かないなぁ

 姫初めというイベントは好きなんですけどね・・・ボソ
Posted by わめ at 2007年01月17日 20:53
わめさん

やっと返事くれたとおもたら姫初め?
聞きなれぬ言葉に早速検索した私。

ははは〜〜〜っ

もう、なんのこっちゃ^^

元気でおがんばりください(^o^)/



Posted by 葉末 at 2007年01月17日 23:50
> やっと返事くれたとおもたら姫初め?
> 聞きなれぬ言葉に早速検索した私。

 そんなところだけに反応されるとはw汗
 (/-\*) ハジュカチ…
Posted by わめ at 2007年01月18日 00:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31007758
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

日蓮思想の現代的意味
Excerpt: 日蓮思想の現代的意味   そろそろ新しい記事を書かないとまずいなと思っているのですが、そううそさんのところでの回答がまだ終了していませんので、もうしばらくは無理のようです。そこで、そうう..
Weblog: 仏教と批判的合理主義
Tracked: 2007-01-13 19:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。