2005年12月17日

わめの恋愛感

 軒ちゃんからリクエストがありましたが、それに応えるような内容の記事にはならないように思うのですが、わめの感じてきた恋愛の心模様などを、最近はそのような熱い思いからトンとご無沙汰でしずくちゃんがうらやましいwじゃない(どこへいくw)、どこまで書けるか分かりませんがブログは公開日記みたいなものでありますし、過去を振り返りながら気楽に書いてみたいと思います。そうそう、過去を振り返ると言えば三ちゃんブログの『AKG』の記事から、わめもPA屋もどきをやっていた頃を思い出し、2の『PA屋』として記事にしてみましたのでよかったら読んでいただきたいです。
 
 
 なんたって恋愛は出会いが必要ですよね。偶然の出会いとか、古くから知り合いで何も感じてなかったのにあるキッカケが元で突然意識しだしたりとか、そんなドラマチックなものもあるかもしれませんが、未だにそれらはわめは経験できておりません。涙
 それどころか若かりし頃は本能に突き動かされるまま出会いを求めるというか、恋愛と言うより肉欲を求めて獲物を探しているような状態だったかもしれません。(>▽<;; アセアセ その頃のいい面は本能が強すぎて失敗を恐れず果敢にアタックできた点ですね。もちろん相手が恐れて逃げていくと言うのも多々ありましたがw(o_□_)oドテッ
 んでも成功率(誤変換気を付けなくっちゃw)は結構高かったですよ。当時は相手の心を読む余裕さえなかったですけど、女性だってやっぱ出会いや恋愛を求める気持ちは結構強いわけで、この本能の趣くままのわめの言動は意外と効果があったということです。そして恋愛というかお付き合いが始まり親密度が深まっていくのですが、本能だけに肉欲的親密度を求めるわけで(笑)登山で頂上を目指して脇目もふらずただ登り続けるといった面も否定できませんでした。ただこれも恋愛術として考えると非常に効果的であったと思える節があります。それは恋愛であるのに恋愛をしていないからで、肉欲とか情愛的なものであって、相手に恋するとか愛しているのじゃないわけで、恋愛相手にのめり込む可能性が極めて低いからで、またこちらにしたら相手は釣った魚とも言えなくはなく別の魚を釣り上げたいとの新たな登頂欲とでも言いますか、他所に思いが向くわけで両手に花を目指そうとの新たなチャレンジャー精神を持つことができ、相手からすれば心から愛されているとは思えず満たされない状態にしておけるからで、この状態が歪んだ形とも言えなくはないですが、恋愛の持続期間を永らえるようにも思います。わめの経験から言えばこちらが相手の心を満たしてしまえば、相手はその時は喜んでも客観的な心が強くなり、相手を間違えていないか、私にはもっと相応しい相手がいるのじゃないか等の思いが強くなり恋愛感情が急速に醒めていくように思うのです。

 これが本能からではなく意図的にすると男の恋愛テクニックのような話になってしまいますが、このような駆け引きの向うにも、というか稀ではありますがその向うにこそホントの恋愛、人生そのものともいえるような素敵な男女の人間関係が生まれることもあるように思います。(続く?)

 ってことで昨夜はくまりんさんに邪魔(笑)されて観れなかった海外ドラマをそろそろ観ることにします。^^
posted by わめ at 02:14| Comment(12) | TrackBack(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わめさん、こんにちは。

誰もが20代の時は獣に・・・って今では牙の抜けた「けだもの」のぜんです。

ぶっちゃけ10代〜20代前半って、まず「ヤリ目」から始まる(女性の方、失礼!すべてではなく比率の高さ)事が多くて付き合うウチに情が湧き・・・って言いすぎ?

情と欲って切り離せないし、快楽と安らぎも隣り合わせですものね。

Posted by ぜん at 2005年12月17日 11:11
ぜんさん、こんにちは。^^

> 今では牙の抜けた「けだもの」のぜんです。

わめは女性に失礼かと思い、入れ歯ですけど牙付けてます。笑
「けだもの」の”け”が抜けた駄物ですけど。涙
なのでアリ地獄作って待ち受けてます。ぉぃw

> ぶっちゃけ10代〜20代前半って、まず「ヤリ目」から始まる(女性の方、失礼!すべてではなく比率の高さ)事が多くて付き合うウチに情が湧き・・・って言いすぎ?

表面は分かりませんがその年代の男って内面はそんなもんじゃないでしょうかね。^^
それに「けだもの」を持ってないとバイタリティも半減しちゃうのかもしれませんし。

> 情と欲って切り離せないし、快楽と安らぎも隣り合わせですものね。

わめは情にモロ過ぎだと思います。情に負け続けてきました。
今も勝てませんが勝とうという気持ちがなくなって、とことん情から考えるようになったら情より思いやりが勝つようになりました。ここでも覚悟が必須要素で、別れ際のいい哀愁漂うわめなんです。爆
Posted by わめ at 2005年12月17日 11:47
いい別れ方てしたことないな。

興味が薄れてさよならしますね。
Posted by ナマズ at 2005年12月17日 13:41
わめさん、どうも男性の方が深情けな気がしますね。一般に。

情を超えた所に思いやり・・そうですね、性別や主義主張を超越すると「思いやり」になるのでしょうか?

私が哀愁を身に纏えるのはいつの日か・・。

いい年こいて落ち着きのないオヤジです。
Posted by ぜん at 2005年12月17日 15:31
ナマズさん、ぜんさん、\(^o^)/コンバンワ!

お二方、何だか対照的ですな。^^

> いい別れ方てしたことないな。
> 興味が薄れてさよならしますね。

それは興味を持てるだけ何か求めるものがあるのかもしれませんね。
でも期待が外れて興味も失せるって感じなのかな・・・

わめは興味や期待は恋愛にあまり持ったことがないかも。


> わめさん、どうも男性の方が深情けな気がしますね。一般に。

これが意外と女性も強かったりするようにも思うのだけど、またナマズさんはそうでもないかもだけど、やっぱ男性の方が深情けの人が多いと思います。^^

> 情を超えた所に思いやり・・そうですね、性別や主義主張を超越すると「思いやり」になるのでしょうか?

わめの場合はそんないいものじゃなくて、経験的に別れの微かな匂いを嗅ぎ取れるって感じで、その匂いを嗅いじゃうと、いずれはどうあがいたって別れることになるって腹が据わって、悪あがきをしなくなっただけかもです。悪あがきをやめちゃうと駆け引きもなくなり色んな意味での思いやりが出てくるといった感じでしょうか・・・

> 私が哀愁を身に纏えるのはいつの日か・・。
> いい年こいて落ち着きのないオヤジです。

”落ち着きのない”がいいですねぇ(*´∇`*)
わめだってアリ地獄に誰かかかったら落ち着きなんてありませんよ。((((o゜▽゜)o))) ドキドキ♪
Posted by わめ at 2005年12月17日 21:08
冷えますね、今夜も。

さあ、店ジマイ。

まあ・・・妻帯者なのにスケベ根性の私は今日は大人しく帰宅しますね。

同棲&妻帯生活が20歳〜現在に至るのですが、嫁さんの良さを再認識しないと・・三行半&X2になってしまうんで、ほどほどにしま〜す。

ではっ。
Posted by ぜん at 2005年12月18日 00:21
>わめは興味や期待は恋愛にあまり持ったことがないかも。

僕は、この子はどうい子なんやろう?ていう興味から入りますね。

その子の全体像がつかめてきたら、興味がなくなるかな。
Posted by ナマズ at 2005年12月18日 05:23
ぜんさん、ナマズさんの共通点発見!

それはスケベってことですな。^^

ってわめもだけど。ヽ(・∀・;)ノ アヒャッ!

おしゃれな三ちゃんもだな。レ( ̄ー ̄)ナットク!!( ̄^ ̄/)
Posted by わめ at 2005年12月19日 17:37
>それはスケベってことですな。^^

またまた正解!!

別れたときの未練て、性欲しかないな。
Posted by ナマズ at 2005年12月19日 19:01
ナマズさん、こんばんは〜^^

> >それはスケベってことですな。^^
> またまた正解!!

(_△_;〃 ドテッ!

> 別れたときの未練て、性欲しかないな。

・・・ ヽ(・∀・;)ノ アヒャッ!
Posted by わめ at 2005年12月20日 01:00
|Д゜)ジー・・・


|彡サッ!!
Posted by まり at 2005年12月20日 13:25
まりさん、こん。^^

> |Д゜)ジー・・・

ナマズさんにあきれたな・・・w笑

> |彡サッ!!

逃げたw
Posted by わめ at 2005年12月20日 15:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10747720
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。